多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

お知らせ

2021/9/2 いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん!!~第八弾

2021年9月2日 
2021/9/2 いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん!!~第八弾

2021年7月21日から8月20日まで「いきものなぜなぜウィーク」開催中にたくさんのぎもん・しつもんをいただき、ありがとうございます!

 

 

公園のパークレンジャーたちが、みなさんにわかりやすいよう、おこたえしていく「いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん!!~」第八弾です。

 

 

こたえの順番が前後しますが、ほかの子どもたちのしつもんへのこたえも、楽しんでくれるとうれしいです。

 

 

では、「いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん‼~」へレッツゴー!

 

 

 

 

ゆなっちさん 八王子市 7歳(2年生)より

 

☆セミはどうやってないているんですか?

 

★セミはお腹の中のきんにくをすごい速さでふるわせて、その時にできた音をお腹のくうどう部分をひびかせることで、あんなに大きな声でないています。また、オスのセミのお腹には「腹弁(ふくべん)」っていわれる2枚の板みたいなものがついていて、それを使ってお腹のすき間の部分を開けたり閉じたりすることでいろんな音を出すことができます。

セミの腹弁

 

 

 

 

7歳(2年生)他1名 より

 

☆セミはなぜなくのか?

 

★セミがなくりゆうはオスがメスにけっこんしてくださいとプロポーズをするためです。なので、セミはオスしかなきません。

ニイニイゼミ

 

 

 

 

 

八王子市 2年生 より

 

☆セミが飛び立つときに、おしっこをするのはなぜか?

 

★体をすこしでもかるくして敵から逃げやすくするためというふうに言われているけど、まだくわしくわかっていないよ。セミはおしっこを貯めておく部分が弱くて、飛び立つときにたまたまおしっこが出てしまうともいわれているよ。ちなみにセミのおしっこはほとんど水に近いから、かかっても病気になったりしないよ。

さくらのじゅえきをすうツクツクボウシ

 

 

 

アンパンさん より

 

☆毛虫の毛は、どうやってできているのですか?

 

★毛は体の表面が変化したもので、小さな細胞が集まってできている。毛虫の毛は、植物などにこすれた時にケガをしないようにとか、痛そうに見せて敵を寄せ付けなかったり、実際に刺すものもいる。

キアシドクガ(毒はないよ)
ルリタテハの幼虫(ハデハデだけど毒はないよ)

 

 

 

 

サユウさん 八王子市 9歳(4年生) より

 

☆なぜサナギになる生きものとサナギにならない生きものがいるのか?

 

★サナギになるばあいやサナギにならないばあい、どちらにもその虫にとっていいことがあります。サナギになる虫は、サナギのときに体をおおきく作りかえることができるので、別の環境でも生きていけるようになっていろんな環境を利用できるようになります。サナギにならない虫は、サナギにならないことで体力をためこむことができるので、安定して成長することができます。どの方法も虫たちが長い時間をかけて進化していく中で、「そうしたほうが自分たちにとってちょうどいい!」というようにおもったからサナギになる虫とならない虫にわかれていったんだね。

アサギマダラの蛹
幼虫が蛹になるところ(前蛹)
蛹から出たところ(ヒオドシチョウ)

 

 

 

 

まりいさん 八王子市 より

 

☆むしもびょうきになるんですか?

 

★カビやサイキンがげんいんで、むしもびょうきになることがあるよ。そのときには、からだがしろいわたのようなものでおおわれてしまったりして、しんでしまいます。かなしいね。。

病気でしんでしまったセミ
キノコの菌で死んだツクツクボウシの幼虫

 

 

 

 

今日の「いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん‼~」はここまでです。ほかのぎもん・しつもんにも、どんどん答えていくので、待っててね♪

 

 

 

  • 陵南公園・大戸緑地だより
  • 小宮公園・滝山公園だより