多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

お知らせ

2021/8/26 いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん!!~第四弾

2021年8月26日 
2021/8/26 いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん!!~第四弾

2021年7月21日から8月20日まで「いきものなぜなぜウィーク」開催中にたくさんのぎもん・しつもんをいただき、ありがとうございます!

 

 

公園のパークレンジャーたちが、みなさんにわかりやすいよう、おこたえしていく「いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん!!~」第四弾です。

 

 

こたえの順番が前後しますが、ほかの子どもたちのしつもんへのこたえも、楽しんでくれるとうれしいです。

 

 

では、「いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん‼~」へレッツゴー!

 

 

 

 

9歳(3年生)八王子市 より

 

☆なぜアメンボはあんなにピョンピョンおよげるんですか?

 

★アメンボはとても体が軽く、アメンボが20匹くらいあつまってようやく1円玉くらいの重さしかありません。なので水に浮きやすくなっているのと、足の先には油の付いた毛がたくさん生えていて、油は水に浮くはたらきがあるのでそのちからを利用して水に沈むことなくピョンピョンと泳げるんだよ。

アメンボ

 

 

 

 

KOMIYAさん 東京都 12歳(6年生)より

 

☆生き物はなぜつかまえちゃダメなの?

 

★公園などで「つかまえないで」というルールがあるところはダメなんだよ。なぜそういうルールがあるかといえば、たくさんの人が来るみんなの場所だから、大事な虫をたくさん取る人がいたりすれば、他の人が見れなくなったりするからね。子どもたちが観察して逃がすならいいよ。

 

 

 

たっつあんさん 東京都 12歳(6年生)より

 

☆生物ってなんですか?

 

★何かを食べたり、太陽の光などからエネルギーをもらって動いたり、成長できるもの。子どもや種を作って増えることができるもの。

 

 

 

げりっぴーさん より

 

☆なぜ生物がうまれたのか?

 

★最初の生物が生まれて35億年もたっていると考えられ、いろいろな学者さんが研究しているけれど、はっきりとしたことは分かっていない。でも大昔の海の中には、生物の体の元になるのようなものがあって、それが火山の熱や、雷の電気で組み合わさって、シンプルな最初の生き物になったと考える学者さんが多いんだよ。本当に奇跡のような偶然が重なっておこったことで、今、実験室でもう一度やろうとしてもできないだろうね。

 

 

 

あいりさん 6歳より

 

 

☆うまはなんでしっぽがあるの?

 

★ないとかっこ悪いよね。おしりをアブに刺されそうになると、しっぽでピシッとはたいたりしてるよ。

「いいかい、蚊に尻を刺されそうになったら、しっぽでビシッとやるんだ」と、教育係のロバに教わるポニー

 

 

 

ひーくまさん 小平市 9歳(4年生)より

 

☆なぜカは人間の血を吸うのか?

 

★それはたくさん卵を産むためです。カのメスはとてもたくさんの卵を産みますが、その時にたくさんの栄養が必要になります。血の中にはいろんな栄養が入っているので、カのメスはその栄養を使うことでたくさんの卵を生むことができるのです。なので、血を吸うのは卵を産もうとしているメスのカだけで、オスや卵を産まないメスは血を吸いません。また人だけでなく他の生きものの血を吸うこともあります。

 

 

 

かずずんさん 八王子市 1年生より

 

☆虫がいるから人間が生きられるのですか?

 

★花粉を運んで果物をみのらせたり、虫は人間の暮らしにとても役に立っていますが、虫だけがいれば人間が生きられるわけではありません。虫は「人間が生きている地球の、大切な一部分」と言うのがいいと思います。

花粉を運ぶスジグロシロチョウ
アリもよく花粉を運ぶよ

 

 

 

 

ききさん 八王子市 10歳(5年生)より

 

☆よく「日光がよく当たるとよく植物は育つ」といいますが、どこに日光が当たるとこうかがあるんですか。(よく育つか)。木の質問です。

 

★まず、「日光がよく当たるとよく植物は育つ」という理由が、植物は太陽の光を浴びると「光合成(こうごうせい)」という働きをします。光合成は、水と空気中の二酸化炭素という物質を使って「デンプン」と呼ばれる栄養を作りだす働きで、このデンプンは植物の生育にとても重要なものです。そのため日光がよく当たるとそのデンプンがたくさん作られるので植物はよく育つという仕組みなのです。 そして、その光合成を行う物質は「葉緑体(ようりょくたい)」と呼ばれていて、緑色をしています。つまり葉緑体がある場所→緑色をした場所で光合成をしているので、木の『葉っぱ』に日光を当てるととても効果があります。だから、木は葉っぱに日光を多く当てるために枝を横に広げるんだね。

枝をひろげ葉っぱに日光を当て光合成をします

 

 

 

今日の「いきものなぜなぜウィーク~かいとうへん‼~」はここまでです。ほかのぎもん・しつもんにも、どんどん答えていくので、待っててね♪

 

 

  • 陵南公園・大戸緑地だより
  • 小宮公園・滝山公園だより