多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

お知らせ

熱中症にご注意ください

2018年7月22日 
熱中症にご注意ください

いつも多摩部の都立公園をご利用いただきありがとうございます。

酷暑により、熱中症が発生しやすくなっておりますので、下記の症状がみられた場合は十分ご注意ください。

 

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。脈は速くて弱くなります。

特徴は、○めまい、○一時的な失神、○顔面蒼白

 

熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

特徴は、○筋肉痛、○手足がつる、○筋肉がけいれんする

 

熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴は、○全身倦怠感、○悪心・嘔吐、○頭痛、○集中力や判断力の低下

 

熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

特徴は、○高体温、○意識障害、○呼びかけや刺激への反応がにぶい、○言動が不自然、○ふらつく

 

上記の様な症状はいつでもどこでもだれでも条件次第でかかる危険性がありますが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。

 

方法①「水分を」こまめにとろう

→のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。(但し、スポーツドリンクはそのままだと甘すぎるので水で割る等すると丁度良いです)

 

方法②「塩分を」ほどよく取ろう

→過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。(塩飴やスポーツドリンクなど)

 

方法③「睡眠環境を」快適に保とう

→通気性や吸水性の良い寝具を使用し、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

 

方法④「丈夫な体を」つくろう

→バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。特に夏野菜(きゅうり・トマト・トウモロコシ・オクラ・ゴーヤなど)は水分が多く,熱中症予防の水分補給にも適しています。疲労の回復に役立つビタミンB群、体の調子を整え,免疫力を高めてくれるビタミンCも多く含んでいます。

 

また公園で開催を予定してるイベントやボランティアプログラムについても園利用者やボランティアの安全を確保するため、で中止や縮小を検討させていただく可能性がありますのでご了承ください。

日頃から予防法を意識して、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

  • 陵南公園・大戸緑地だより
  • 小宮公園・滝山公園だより