多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 陵南公園・大戸緑地だより

2017年11月30日 大戸緑地
秋も深まる大戸緑地

o0

秋も深まる大戸緑地

様々な木の実、草の実に会える季節です。

真っ赤な実を放射状に付けているのはサルトリイバラ。

 

o1

ヤブムラサキは大戸緑地にとても多い低木です。

枝や実の周りに毛が生えています。

葉っぱが残っていれば触ってください。ウサギの耳のようにフワフワです。

 

o2

段木入の丘の付近にはミヤマシキミがたくさんあります。

赤い実を付けているのは雌の木。

 

o3

雄の木には、この時期つぼみがついています。

ミカンの仲間で、葉はいい香りがします。

 

o4

春にかわいい白い花を付けていたチゴユリ。

実を付けてもやっぱりかわいい。

 

o5

段木入の丘からの眺望は最高!

ここまで駐車場からゆっくり歩いても1時間かからないでしょう。

すぐ近くの高尾山と違い、人が少なく静かな山歩きが楽しめます。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年11月27日 大戸緑地
秋の大戸緑地の魅力をご紹介しました!

11月4日、「大戸町会秋の遠足〜大戸緑地に行ってみよう〜」への協力として、パークレンジャーが、大戸緑地の秋の魅力について、ガイドを行いました。朝からポカポカ陽気に恵まれ、絶好のウォーキング日和です!

291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔01

 

今回担当の蜂須賀レンジャーが、見頃の花などの植物だけでなく、きのこや里山のことまで、幅広く大戸緑地の魅力を紹介します。実際に手にとって、葉っぱの匂いも嗅いでみます。

291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔03 291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔02 291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔04

 

ところどころ、地域にゆかりのある「雨乞い場の碑」や、シンボルツリーの「雪の木」についても解説してくれました。皆さん、ここの地域独自の魅力を再発見です。

291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔05 291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔06

牛田地区にある小さな蓮池については、外来種持ち込みの危険性について解説。少しの外来種がどんどん広がる怖さについて、しっかりと説明してくれました。

291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔07

大戸緑地では奥のエリアになる段木入地区にも足を運びました。段木入広場の周りの木々は、紅葉がはじまったところです。こちらでは、貴重なカエルや周辺の動物について話がありました。

291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔08 291104_螟ァ謌ク繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ッ繧兔09

 

今回ご参加の方々からは、「近くに住んでいるのに、あまり知らなかった。また来てみたい。」や「貴重な自然がたくさんあることがわかった。地域でもっとPRしたい!」など、とても嬉しい言葉をたくさんいただきました。今回は、大戸緑地の魅力を知っていただく良い機会となりました。季節によって、新たな魅力がきっと見つかりますので、ぜひまた来てみてください。お待ちしています。

カテゴリー:イベントの報告|見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年10月28日 大戸緑地
「あつまれ!森キッズ」初開催!

みなさん、こんにちは。

10月1日(日)、大戸緑地の牛田地区にある雪の里で初めてのファミリー向けイベント「あつまれ!森キッズ」を開催しました。当日は天気にも恵まれ、地域のシンボルツリー「雪の木(ゆくのき)」のあるエリアに、多くの方々が遊びに来てくれました!簡単ですが、レポートをお届けします。

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔01

 

まずメインプログラムの「ツリーイング体験会」は事前の時点で満員御礼!開始前から大人気でした。インストラクターの先生が丁寧に教えてくれますので、小さなお子様でも自分のペースで、すいすい木に登っていけます。みんな少しでも上を目指して頑張っていました。みんな、あっと言う間に木登り名人です!

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔02 291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔03 291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔04

 

もう一つのメインプログラムの「森のクラフト工房」も大盛況です。

大戸緑地の隣にある町田市の大地沢青少年センターからは、この日だけ『青空アトリエ』のプログラムを出張していただき、木の実などの自然素材を使用したキーホルダーやマグネット作りなどを行いました。森に包まれた青空の下、多くの親子が参加してくれました。

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔05

 

また大戸緑地で様々な活動している大戸源流森の会の方々は、公園で出た竹を活用して竹クラフトと竹遊びのプログラムを行いました。竹の食器作り、竹とんぼや弓づくりなど、竹ってこんなに色々なものに活用できるんです!早速作ったもので遊んでみましょう!

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔06

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔07

 

あと、今回は地元のお店やアーティストの方々にも、様々な出店やワークショップ体験などで協力していただきました。地元パン屋さんのパンの木、新鮮野菜の大とびら、洗練された木製品のくうちん工房、かわいい多肉植物のモリモリガーデン、手作り雑貨や厳選古書のゆめ工房。地域にいる個性的で素敵な皆さまに、イベントを盛り上げていただきました!

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔08 291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔09 291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔10 291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔11

 

公園で用意した「森のスタンプラリー」や「プレイコーナー」も大人気!普段は陵南公園で活躍している陵南公園うるおし隊のメンバーもサポートに来てくれ、多くの方々に気持ちのいい秋の森で、いっぱい遊んでいただきました。

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔12

291026_縺ゅ▽縺セ繧鯉シ∵」ョ繧ュ繝・せ繧兔14

 

今回、初めてのファミリー向けのイベントでしたが、「普段できないツリーイングができた」「クラフトを丁寧に教えてくれた」、「地元のこだわりのお店が良かった」など、たくさんの好評の声をいただきました。ありがとうございます!これから秋が深まり、秋色に色づいた木々や山々など、魅力的な時期になっていきます。このイベントを通じて大戸緑地を知っていただいた方もいらっしゃると思いますので、ぜひ秋の良い時期にまた遊びに来てください。多くの方のご来園お待ちしております。

カテゴリー:イベントの報告|見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年8月22日 大戸緑地
夏の大戸生きもの情報

大戸緑地ではたくさんの生きものに出会うことができます。

雪の里広場にはカラスアゲハがみられました。

写真①

夏の色を濃縮した感じがたまらないですね!

 

写真②

今が見頃のクサギです。

名前にクサなんて入っているから花の匂いが臭いんでしょ、とお思いのあなた。

花はとても甘いにおいなのです。まるでバニラアイスクリームのような甘い匂いがします^^

段木入の広場には背の低いクサギがありますので、ぜひにおいをかいでみてください。

 

写真③

においだけでなく、この花の形。

よ~く見てください。

面白い形をしていますね。このめしべとおしべがまったく別の方向をむいています。

これはめしべに、自分の花粉がつくのを防いでいるのです。

 

写真④

段木入の奥に行くと橋のちかくにタマアジサイが咲いています。

少し花をつけたばかりですので、これからが見頃となります。

 

夏から秋に少しずつ変わっていく中で、生きものも少しずつ変わっていきます。

ぜひその変化を大戸緑地で発見してください。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年7月2日 大戸緑地
「安全管理講習」を行いました。

6月23日、町田市の大地沢青少年センターで、公園ボランティア向けの「安全管理講習」を行いました。今回は、大戸緑地で活動する大戸源流森の会のメンバーが10名参加してくれました。

290623_螟ァ謌ク螳牙・邂。逅・ャ帷ソ箪01

 

講師は、森づくり安全技術・技能全国推進協議会理事であり、雑木林作業については第一人者の松井一郎先生です。各所での事例や体験談を織り交ぜながら、ボランティアの心構えや作業での「安全」について、分かりやすく丁寧に説明してくれます。

290623_螟ァ謌ク螳牙・邂。逅・ャ帷ソ箪02

 

今からの時期に注意すべき熱中症対策については、救急用備品の実物を見ながら、必要なものを確認します。

290623_螟ァ謌ク螳牙・邂。逅・ャ帷ソ箪03

 

これから夏が深まるにつれ、様々な危険ことが作業中に想定されます。今回の講習をきっかけに、今まで以上に「安全」に対して意識していただき、先生の話にもあったように、「楽しく」活動していただきたいと思います。ご参加いただいた大戸源流森の会の皆さん、ありがとうございました!

カテゴリー:イベントの報告|大戸緑地

2017年6月28日 大戸緑地
大戸緑地では段木入と牛田地区に池があり、たくさんのトンボが見られます

大戸1

コサナエの雄(上)と雌(下)です。

相手の頭を尾の先でつかまえるなんてすごい芸当ですね!

この姿で飛び回ることができます。

牛田地区の蓮池でよく見られます。

 

大戸2

蓮池で水に尾を差し込んで産卵しているのはクロスジギンヤンマ。

大型の立派なトンボです。

胸の2本の黒いラインが特徴です。

 

大戸3

アサヒナカワトンボは、森の中や、周囲でよく見られます。

4月頃の出始めは、もっと色が明るいのですが、全体に濃くなり、その上に水色の粉を吹いたようになります。

 

他にシオカラトンボ、シオヤトンボ、ショウジョウトンボなどが両方の池でよく見られます。

蓮池では小さなクロイトトンボも多く見られます。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年6月12日 大戸緑地
大戸では「雪」が降っています!

雪と書きましたが、ふっているのはユクノキの「花」です。

290611_螟ァ謌ク縺ヲ繧吶・縲碁妛縲阪°繧咎剄縺」縺ヲ縺・∪縺呻シ―01

 

大戸緑地のシンボルでもある、ユクノキが花を咲かせました!数年に一度咲くと言われていますが、昨年に続き2年連続での開花です。

290611_螟ァ謌ク縺ヲ繧吶・縲碁妛縲阪°繧咎剄縺」縺ヲ縺・∪縺呻シ―02

 

花も白にワンポイントの黄色が入り、クラゲみたいでかわいいですね。

290611_螟ァ謌ク縺ヲ繧吶・縲碁妛縲阪°繧咎剄縺」縺ヲ縺・∪縺呻シ―03

 

場所は、大戸緑地の駐車場がある牛田地区の「雪の里」にあります。

あと1週間は花を楽しめると思いますので、ぜひご覧になってみてください。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年6月7日 大戸緑地
大戸緑地で野草観察会!

5月14日(日)に野草観察会を行い、20名の方が参加していただきました。

13日はあいにくの雨で14日に変更になりましたが、この日は素晴らしい晴天となりました。

 

今回講師をしていただいたのは、前回に引き続き首都大学東京の牧野標本館に勤務されていました、川本秀雄先生です。

写真①

 

今回の観察は、牛田地区で足元にある草花に注目して、段木入では木を中心に、手触りや色合いを楽しみながらの観察会をしました。

 

雪の木広場の奥で、みなさん上を見上げています。

写真②

 

おおきなホオノキの上の方に花がついていたのです。

日本の木の中で最も大きな花です。

写真③

 

川本先生から観察会前に、今の時期にみられる植物の識別点をまとめてくださった資料をいただきました!

写真④

 

その資料を実物と見比べ、川本先生からの解説が聞けます。

写真⑤

写真⑥

 

こちらはたくさんの蝶があつまっているかのような、ヤブデマリです!

みなさんご持参したルーペなどを使って、じっくり観察されました。

写真⑦

 

約2時間にわたる野草観察会が終わりました!

参加者からは「知らない植物を知るだけでなく、ほかの生物とのつながりまで知ることができた」、「公園の広さ、自然の豊かさ、説明かわかりやすいので、楽しく聞けた」といった

今回の観察会は大盛況でした!たくさんのご参加ありがとうございます♪

 

大戸緑地には季節ごとに、たくさんの自然の魅力にふれることができます。

ぜひ自然あふれる大戸緑地にお越しください♪

写真①

 

 

カテゴリー:イベントの報告|見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2017年5月31日 大戸緑地
大戸緑地も初夏の様相です

山の中のあちこちにホウノキの花が咲き、どこか品のある甘い香りが、風に乗ってやってきます。大戸緑地も初夏の様相です。

①

 

ミズキの周りを白い小さな蝶のような虫がいくつも飛びまわっています。

②

 

蝶ではなくキアシドクガという蛾の仲間です。

ドクガの名前がついていますが、毒はなく、なかなかきれいです。

昼間に飛び回るので、知らない人は蝶だと思うようです。

③

 

段木入の池の下には、たくさんの蝶がやってきます。

よく見ると丸顔で、かわいらしい妖精のようなアオスジアゲハ。

翅が重なったところで、青色が濃く見えて、とてもきれいです。

飛び回るスピードが速く、なかなかゆっくり観察させてもらえませんが!

④

 

アオバセセリもとても美しい青色の蝶です。

青というより緑がかった瑠璃色でしょうか?

オレンジの模様との対比が素晴らしいですね。

⑤

 

段木入にはハンミョウもたくさんいます。

小さな虫ですが、素晴らしく美しい!

ハラハラ飛んで足元に降り、人が歩く先にまた飛んでいきますから、「道教え」の別名もあります。

⑥

カテゴリー:大戸緑地

2017年5月8日 大戸緑地
大戸緑地へ野草を見に行こう!

大戸緑地は生きものでとても賑やかです!

 

段木入を入ってすぐに、ミツバウツギが目を引きます。

三つの葉が対生し、白い小さな花が咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

段木入の丘へ向かう途中の橋から、ハナイカダが咲いているのが見られます。

葉の中央に小さな花がつき、花が葉の筏にのっているように見えるのが名前の由来と言われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

葉をよく見ると、青々とした葉を食べる虫や、その虫を食べる鳥もたくさん活動しています。

大戸緑地のハイキングコースを歩くと、キビタキ・ヤブサメ・ツツドリといった夏鳥のさえずりが聞こえてきます。

たくさんの生きものがにぎわう大戸緑地にぜひお越しください。

 

【お知らせです】

大戸緑地では

5月13日(土)に野草観察会を行います!

新緑のまぶしい森の中で、この時期にみられる野草を探しに行きませんか?

初心者の方もお気軽にどうぞ!

写真④縮小 写真⑤縮小

 

カテゴリー:イベントの報告|見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地