多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 陵南公園・大戸緑地だより

2019年6月7日
「コミュニティガーデン講座」、今年度もスタートです!

4月25日木曜日、昨年大好評をいただきました陵南公園「コニュニティガーデン講座」の第2回目が新たにスタートしました。陵南公園のガーデン講座ではすでにお馴染み、今回も講師はNPO法人Green Worksの三浦先生と谷村先生、そしてNPO法人NPO birthの矢口先生です。

まずは、これから一緒に活動していくメンバー同士で自己紹介です。ガーデニング初心者の方、すでに自宅で実践している方、近隣の方、遠方の方など、様々なメンバーが集まり、色々な想いを持って参加してくれました。

続いて、講師の三浦先生から「コミュニティガーデン」について教えてもらいます。各所でのガーデン作りの実例を見ながら、ガーデンは「人」「自然」とつながる場所になり、みどり豊かな素敵な「まちづくり」にも発展するとの話がありました。また花壇の「コンセプト」や陵南公園の紹介も、合わせて行いました。

前半のレクチャーが終わったら、次は陵南公園に移動して、ガーデンを中心に園内を見て回ります。入口のウェルカムガーデン、実習花壇となるファンファンヒュッゲガーデン、御陵につながる陵南庭など、場所も条件も異なる花壇をご覧いただきました。また、さくら通り、野球場、じゃぶじゃぶ池など、花壇以外の施設についてもみんなで見て、公園のことを知ってもらいました。

 

園内を見た後は、みんなで花壇や公園についての第一印象や感想をシェアします。まずは個人で書いて、それをグループごとにシェアしていきます。

 

そして、グループごとにどんな印象や意見が出たかを発表してもらい、講師の矢口先生が前にわかりやすくまとめてくれました。矢口先生、いつも素敵なまとめ、ありがとうございます!

 

「ウェルカムガーデンは、風景としてまとまりがある」「ファンファンヒュッゲガーデンはテーマと色が合っている、暖かい印象」「陵南庭花壇は和洋一緒の植物でもマッチしている」など、たくさんのコメントをいただきました!

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。新たなメンバーと始まったガーデン講座、これからもレポートしていきますので、ぜひ楽しみにしていてください!

カテゴリー:花壇・ガーデン|ボランティア

1 / 11