多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 陵南公園・大戸緑地だより

2018年12月18日 大戸緑地
まちだ市民大学「HATS」でガイドウォークを実施しました。

11月25日(日)、町田市生涯学習センター主催の市民大学HATS 自然学通年講座「多摩丘陵の自然入門」への協力として、パークレンジャーによるガイドウォークを行い、大戸緑地の自然の魅力をたっぷりと紹介しました。

 

担当した蜂須賀レンジャーから、大戸緑地で暮らすの生き物や、雑木林の管理について話をします。

 

牛田地区にある雪の里では、きれいな落ち葉を集めて、「落ち葉選手権」の開催です!みんなで気に入った落ち葉を集めます。

 

ホオの葉っぱは、子供の顔を隠しちゃうくらい大きいですね!

 

集めた落ち葉を、ボードにみんなで並べます。鮮やかなもの、色が混ざったもの、渋いものなど、どの葉っぱも素敵な自然の色合いです。改めてレンジャーから、足元にある紅葉の楽しみを教えてもらいました。

 

続いて、この晩秋の時期に見られる野草や外来種への取り組みについても話がありました。

 

また今回、市民大学では初めて、西側にある段木入エリアにも足をのばします。ビオトープの池を通って、奥にある森のエリアに入っていきます。ここでは少しの時間、目を閉じて耳を澄まし、森の奥深さを体感していただきました。

 

今回は市内にお住いの方々に、大戸緑地のことを少しでも知っていただくことができ、とても嬉しく思います。ぜひまた違う季節に、豊かな自然を探しにいらしてください。皆さんのお越しをお待ちしています。

カテゴリー:イベントの報告|見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

1 / 11