多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 陵南公園・大戸緑地だより

2016年11月30日 大戸緑地
大戸緑地の秋・・・

大戸緑地の紅葉も最高潮に達しています。

今年はコナラ、クヌギも美しく、各地で素晴らしい風景が広がっています。紅葉の様子を見ると、人がどのように森と関わって生きてきたかも見えてきます。

 

o1

牛田地区から南を見ると、里山が黄金のような輝きです。

大戸緑地は東側ほど落葉樹が多く、紅葉も見事です。人の暮らしの近くは薪や落ち葉を取るためにクヌギ、コナラが多いのです。

 

o2

段木入の池付近です。この辺りは半分くらいがスギ。ヒノキなどの針葉樹ですね。西(写真の左)へ行くほど標高が上がり、起伏もあります。こういうところに針葉樹を植え、山の役割を里周りと分けています。しかし小高いピークなどには桜やつつじ類などが植えられ、レクリエーションの場にもなっていたことが分かります。

 

o3

雪の里から牛田地区の草地広場を見下ろしてみました。公園の東側ですから、やはり落葉樹が美しく紅葉しています。

 

o4

モミジの紅葉にエナガの群れがやってきました。シジュウカラやコゲラなどとも一つの群れになり、木からきへと渡ってゆきます。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

1 / 11