多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 陵南公園・大戸緑地だより

2016年7月13日 大戸緑地
水辺の生き物

大戸緑地には小さな川が幾筋か流れており、段木入の広場奥と草地広場脇には池もあります。今日は池の周りで出会った生き物たちをご紹介します。

①

小さくて体の細いクロイトトンボ。注意深く見ないと見逃してしまいますが、たくさんいるのですぐ見つかるはずです。前がオス、後ろがメスです。水色がとても美しいですね。

 

②

オスは時々アクロバットのように体を持ち上げます。他のオスにメスを横取りされないように見張っているのでしょうか?

 

③

ミヤマアカネは四枚の翅すべてに褐色の帯があります。まだ若いオスでしょうか?これから少しずつ赤色が濃くなっていきます。

 

④

コシアキトンボはいつも飛び回っていて、なかなか止まってくれません。仕方がないので飛んでいるところを撮りました。名前の通り尾の中ほどが空いているように見えます。この部分が白いのはオスです。メスと未熟なオスはここが黄色です。

 

⑤

上がシオカラトンボ、下がオオシオカラトンボです。でも大きさはそれほど変わりません。目が黒いのがオオシオカラトンボです。

 

⑥

ツチガエルがいました!東京では見かけることの少ないカエルですので、そっと見守ってください。

 

⑦

ツチガエルのオタマジャクシです。大人のカエルは小ぶりですが、オタマジャクシはとても大きいので驚かされます。

 

豊かな自然のあふれる大戸緑地の夏。生き物観察には最高の季節です。

熱中症には気をつけて!帽子と水筒を忘れずに!

 

 

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

1 / 11