多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 陵南公園・大戸緑地だより

2016年6月30日 陵南公園
じゃぶじゃぶ池稼働のお知らせ

いつも陵南公園をご利用いただきありがとうございます。

2016年のじゃぶじゃぶ池は下記の日程で稼働致します。

ジャブ池

 

2016年7月16日(土)~8月31日(水)・・・・毎日稼働

2016年9月1日(木)~9月19日(日)・・・・土日・祝日のみ稼働

※メンテナンスや天候によってご利用いただけない場合があります。

 

ぜひ夏休みは陵南公園のじゃぶじゃぶ池にあそびに来てください!

カテゴリー:陵南公園

2016年6月21日 陵南公園
梅雨の晴れ間に健康作り体操

皆さんこんにちは、パークコーディネーターの明瀬です。蒸し暑い梅雨の天気が続く中、今月も19日(日)に、「太極拳で健康作り体操」を行いました。

01

以前から参加してくれていた方々の口コミもあり、初心者も含めたくさんの方々にご参加いただきました。後ろを振り向けばアジサイが見頃だし、空気はしっとり、さらに鳥の声が聞こえる!とても気持ちの良い空間で体操が楽しめます♪

02

自分も少しだけ一緒にやりましたが、太極拳の入門編から丁寧に指導していただけるので、初めての方でも大丈夫。写真は太極拳での挨拶を教えていただいているところです。右手の拳を左手の掌で包み礼をしますが、右手は「武術」、左手は「文化」を意味しているそうです。挨拶にも深い意味があるのですね!

03

7月も第3日曜日の19日に行いますので、ぜひ身体を動かしに来てください。ただし7月〜9月までは開始時間が9時からと、いつもより1時間早いのでご注意下さいね。多くの方のご参加お待ちしております。

カテゴリー:イベントの報告|陵南公園

2016年6月15日 陵南公園
アジサイが見頃です

雨の多い日が続きますが、梅雨の時期だからこそ楽しめるものがあります。その中の一つがアジサイですね。

陵南公園の展望広場から、さくら広場へ降りる道、そして子供たちがあそぶ分園には、沢山のアジサイが咲いています。名前の由来は、青が集まったものという意味の集真藍(あづさい)など、いろいろな説があります。日本に昔からあったのは、回りに装飾花があるガクアジサイ。てまり型のものは、ヨーロッパで作られたもので、西洋アジサイともいいます。

01みはらし坂

02ガクアジサイ

03セイヨウアジサイ

ぜひ陵南公園の色鮮やかなアジサイを見に来てください。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|陵南公園

2016年6月13日 大戸緑地
絶好のお天気の中、野草観察会を行いました

6月11日(土)、梅雨とは思えないくらい良い天気の中、大戸緑地にて「野草観察会」を行いました。14人もの方にご参加いただき、遠くは立川の方から電車とバスを乗り継いで、来てくださいました。

01タイトルイメージ

今回講師をしていただいたのは、首都大学東京の牧野標本館に勤務されている川本秀雄先生です。元々は高校の生物の先生で、幅広い知識をお持ちで説明も大変わかりやすい!さらに大戸源流森の会のメンバーとして、このフィールドを長年見ている方です。

02川本先生

大戸緑地は、高尾山などにも繋がっている場所であり、さらに相模湾に注ぐ「境川」の源流域にも位置しているため、貴重な植物がたくさん見られます。そんな植物について野草だけでなく、樹木やツル性の植物まで丁寧に説明してくれました。参加者の皆さんも先生の話に真剣に聞き入っていました。

03観察会02

観察会は、牛田地区から「雨乞い場の碑」を経由して「段木入のおか」まで歩き、「段木入の広場」に降りて来て、再度牛田地区の「雪(ゆく)の里」まで戻ってくるコースです。途中、少し険しい下り坂もありましたが、皆さん慣れている方が多く、快調に歩いていました。30種以上の沢山の植物が見られましたが、写真はその中のテイカカズラの花と、マムシグサの果実です。

05マムシグサの果実

04テイカカズラ

段木入のおかでは小休憩し、丘からの展望も楽しみました。天気のいい日は都内のスカイツリーまで見えるんですよ!

06展望

観察会も終盤に来て、いよいよお楽しみの雪の里に戻って来ました。ここには数年に一度しか咲かないと言われている「雪(ゆく)の木」が一本だけあります。観察会の数日前には散り始めていたのですが、果たして花は残っているのでしょうか……

現地に到着すると…あ、ありました!まだ頭上に花が残っていました!

07ユクノキ

さらに風が吹くと見事な花吹雪となって、まるで雪のように見事な散り際です。木の下には、すでに落ちた沢山の花びらが白い絨毯のようです。本当に観察会のちょうどのタイミングで雪の木を観察することができました!

08ユクノキの観察

ユクノキのすぐ近くにはマタタビもありました。覆われたツルの下には、可憐な白い花が咲いています。またこの時期、葉っぱを白くして、受粉のために虫を誘っているんだとか。本当に自然界は不思議ですね!

09マタタビの花

観察会にご参加された皆様、お越しいただきありがとうございました!大戸緑地には季節ごとに、たくさんの自然の魅力があるので、何度歩いても違う植物や生き物に出会えます。来たことの無い方も、ぜひ一度遊びに来てみてください。わかりやすい案内も用意しておりますので、お気軽に陵南公園サービスセンターまでお問い合せ下さい♪

カテゴリー:イベントの報告|見ごろ情報、生きもの情報|大戸緑地

2016年6月7日 大戸緑地
大戸緑地で野草観察会をやりますよ!

皆さん、こんにちは。

6月11日、今度の土曜日ですが、町田市にある都立大戸緑地で、「野草観察会」を行いますよ。

ヤブムラサキをはじめランヨウアオイやヤマボウシなど今の時期に咲く花をはじめ、多くの野草や樹木の話が聞けます。

また、数年に一度しか咲かないと言われている「雪(ゆく)の木」が、今ちょうど咲いていますので、見られるかもしれません。

ユクノキ

申込期日を延長し、前日までお申し込みを受け付けますので、ぜひお気軽にご参加ください。ご連絡お待ちしております♪

■都立大戸緑地「野草観察会」

・日時:2016年6月11日(土)

・時間:10:00~12:30

・集合:大戸緑地 雪の里広場 10:00集合

・講師:川本秀雄氏(大戸源流森の会・牧野標本館勤務)

・定員:20名

・参加費:200円(資料代、保険料)

・雨天中止

・持ち物:飲み物、帽子、長袖・長ズボン、歩きやすい靴でお越し下さい

・事前申込(先着順)。電話、来館。催し物名、希望者全員の氏名、年齢及び連絡先(郵便番号・住所・電話番号)、をお伝えください。

・申込・問合先:都立陵南公園サービスセンター 042-661-0042

・申込期限:平成28年6月10日(金)17時30分まで

・主催:西武・多摩部の公園パートナーズ

・協力:大戸源流森の会

280611_野草観察会チラシ_低解像度 280611_野草観察会チラシ_低解像度

カテゴリー:大戸緑地

1 / 11