多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 小宮公園・滝山公園だより

2018年1月7日 滝山公園
歴史と自然のガイドウォークを開催しました!

12月10日(日)に、「冬の滝山城址をたのしもう!~歴史と自然のてくてくガイド~」を開催しました。滝山公園の特徴である豊かな自然と、中世「山城」の歴史の魅力、その両方を一日で体感してもらうプログラムです。0

 

午前中のテーマは歴史。滝山地域で活動をしている「NPO法人滝山城跡群・自然と歴史を守る会」のガイドで、滝山城の由来や遺構などの解説を受けながら城跡を歩きました。1

 

ARアプリを利用し、山城での攻防を動画で再現した解説など、みなさん興味津々!2

 

午後からはパークレンジャーによるガイドで、山城の歴史を理解する上でも重要な丘陵地の成り立ち、地質などの特徴から、そこで生きる動植物の解説しました。3 4

 

美しく黄葉したコナラなどの樹々。5

 

鮮やかな紫色の実をつけたヤブムラサキ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

参加された方からは「今までになかった視点から、歴史と自然を楽しむことができました」などの声が寄せられ大変好評でした!7

 

ぜひ皆さまも、滝山公園に遊びに来てください!

 

カテゴリー:イベントの報告|滝山公園

2017年12月28日 滝山公園
すっかり冬景色の滝山公園

紅葉が終わり、雪が降るまでの間の自然観察ならば、木の実、草の実を見るのがいいでしょう。繊細な綿毛や小さな実は、雪が降ればつぶされ、分かりづらくなってしまいますから。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あちこちで見られるムラサキシキブ。実には淡い甘みがあり、野鳥たちの御馳走でもあります。よく見ると枝先には小さな冬芽がついています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トキリマメが赤い鞘を開き、黒い種を出しています。

鞘の中には必ず二つの実があり、開くときに左右に分かれます。

不思議な形のようですが、よく見ると構造が分かります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAノハラアザミの種が綿毛を付け、風を待っています。

よく見れば一本一本の綿毛はさらに枝分かれし、鳥の羽のようです。

これなら遠くへ飛べそうですね。

 

4信濃屋敷址のススキが白い穂を揺らしています。

冬の光に輝いて、少しずつ綿毛を飛ばします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく見ると細長い、曲がった針のようなものがあります。

これがススキの特徴で、よく似たオギにはありません。

 

6

「中の丸」から見下ろす北を見下ろせば、多摩川と秋川の合流点が見えます。

うまくすればノスリやオオタカなどの猛禽類が見られることもあります。

 

 

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2017年12月28日 小宮公園
冬の自然観察と言えば野鳥!

木々の葉が落ちた林内では、野鳥の姿がよく見えますし、この時期だけ見られる冬鳥たちに出会えるのもうれしいですね!

 

1

ルリビタキは小宮公園で最も人気のある冬鳥の一つです。

オスは背中の青と胸の黄色が美しいですね。

メスと若いオスは青くありませんが、胸の黄色は共通です。

オス、メス、それぞれに縄張りを張り、人が入ってくるとぱっと飛びよって睨んだりします。

 

2

イカルは遠くから渡ってくるわけではないですが、この時期に多く見られます。

やや小さく、硬い木の実が好きで、この日は藪の中からパチパチ木の実を割って食べる音がして気づきました。数十から数百の群れになる時もあります。

 

3

アオジはスズメより少し小さい鳥で、警戒心が強いようです。

地面や木道の上などで小さな草の実などを食べていますが、人が来れば藪の中などに逃げ込みます。

 

4

オレンジの模様がかわいらしいヤマガラはミューミューと子猫のような声で鳴きます。

その声をハーモニカのようだという人もいます。

 

5

エゴの実が大好きで、9月頃には実を加えて運ぶ姿がよく見られます。

霜が当たる今頃になり、隠しておいたエゴの実が食べごろになるのでしょうか?

どこからかまた実を引っ張りだしてきて、木の上で割って食べています。

 

見れば見るほどおもしろい、野鳥たちの姿。

広い雑木林や草地がある小宮公園は、野鳥観察にもとてもいいところです。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2017年12月28日 小宮公園
年末年始休館のお知らせ

日頃より、都立 小宮公園をご利用いただきありがとうございます。

年末年始の公園施設休館のお知らせです。

 

下記期間は都立小宮公園管理所及び雑木林ホールは休館とさせていただきます。

休館日:12月29日(金)~1月3日(水)

なお、公園の駐車場(利用時間9:00~16:30)、トイレ、広場等は、通常通りご利用いただけます。

 

1月4日(木)より通常通り開館致します。

門松と小宮スタッフ

カテゴリー:小宮公園

2017年11月30日 滝山公園
黄葉もいよいよ最高潮の滝山公園

t0

黄葉もいよいよ最高潮の滝山公園。

信濃屋敷址の黄色いイロハモミジは本数も多く見事です。

 

t1

こんなベンチでお弁当食べたらきっとおいしい!!

 

t2

三の丸の西あたりでは高木のシデ、低木のコアジサイ共に黄色く色づき素晴らしい!

 

t3

千本桜の上のススキもきれい

 

t4

中の丸から見下ろす多摩川と秋川の合流点です。

遠く、狭山丘陵も色づいているのが見えます!

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2017年11月30日 小宮公園
コナラの色づきが、今年は本当に格別なのです!!

k1

小宮公園で一番多い木はコナラです。

そのコナラの色づきが、今年は本当に格別なのです!!

 

k2

三段広場にひときわ輝く赤い木!

モミジでしょうか!?

 

k3

近づいてみると立派なコナラでした!

 

 

k4

葉っぱを並べてみました。

やはり素晴らしくきれいです!

木々の色づきは年によって違います。本当に今年は格別!

見ごろは12月の1週まででしょうか!?

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2017年11月16日 小宮公園
「ちょいボラ~たねダンゴをつくろう!~」を開催しました!

気持ち良く晴れた11月3日(金・祝)。中央花壇で、「ちょいボラ~たねダンゴをつくろう!~」を開催しました!「たねダンゴ」とは、土を丸めたダンゴの中に、いろいろな花の種を混ぜて土の中に埋める、新しい種まき方法で、誰でも簡単にでき泥んこ遊び感覚で楽しめます。

H29年小宮たねダンゴづくりチラシ_プリント用 ver.2

 

グリーンアドバイザーの資格を持つスタッフの指導のもと、みんなでたねダンゴづくりに挑戦!

写真①

 

みんなでワイワイ!

写真②

 

土を丸める作業って、なんでこんなに楽しいのでしょう!みんな、笑顔になります。

写真③

 

完成したたねダンゴ!白い粉は、成長を助けてくれます。なんだか、美味しそう。。。

写真④

 

たねダンゴは、中央花壇に植えました。

写真⑤

 

元気に咲いてね!と思いを込めて、ひとつひとつ丁寧に たねダンゴを植えました。

写真⑥

 

たねダンゴには、ムギナデシコ、エスコルチア、ヒメキンギョソウ、スイートピーなど計9種類の種が入っています。3~5月にかけて順に咲きますので、ぜひ皆さまも、お花を見に公園へ遊びに来てください!

カテゴリー:イベントの報告|小宮公園

2017年11月7日 滝山公園
「草花とかたる・風景をめでる ~いがりまさし氏 写真ワークショップ~」を開催しました!

日本を代表とする植物写真家で、「日本のスミレ(山と渓谷社)」等、多数の著書もある いがりまさし氏を招き、写真ワークショップと自然素材を使ったクラフトづくりを初開催しました!

①291019_いがり先生WSチラシ_プリント用_ページ_1

 

午前は園内を散策しながら、いがり氏が撮影したファインダーを直に見ながらカメラワークをのレクチャー。

②滝山20171019いがり先生WS_DSC_0111 ⑤2-2_金本さんの作品 ④滝山20171019いがり先生WS_DSCN6690 ③滝山20171019いがり先生WS_DSCN6712

 

午後からは室内にて撮影のポイントのレクチャー後、音楽家でもある いがり氏のリコーダー生演奏を聴きながらスライドショーを堪能しました。

⑥滝山20171019いがり先生WS_DSC_0122 ⑦滝山20171019いがり先生WS_IMG_6934 ⑧DSC_0136 ⑨DSC_0137

 

また撮影した写真を家に飾って楽しめるよう、自然素材を使った写真立てづくりも行いました。

⑩滝山20171019いがり先生WS_IMG_6951

⑪滝山20171019いがり先生WS_PB040807

 

参加者からは「先生は技術よりも自然へ敬意をお持ちで、それを学べました」、「穏やかな流れで進み、とても良い気持ちになれました」「また晴れた日に公園に来たくなった」など多くのお声が寄せられ大変好評でした。また企画できればと考えておりますので、機会がございましたらぜひ皆さまもご参加ください♪

⑫滝山20171019いがり先生WS_DSC_0155

 

カテゴリー:イベントの報告|滝山公園

2017年11月7日 小宮公園
「秋*はなウィーク」を開催しました!

秋に見られる花を楽しみ、公園の豊かな自然に気付いてもらうイベントとして、2回目となる「秋*はなウィーク」を開催しました!イベントでは、「花めぐりワードラリー」と「ガイドウォーク(10/7)」を行いました。

①【チラシ】秋*はなウィーク_最終版

 

「花めぐりワードラリー」では、雑木林に咲く様々な花などを紹介する「雑木林ディスカバリーシート」を配布。園内に咲く8種類の秋の花を楽しんでもらい、ワードラリーの景品として公園オリジナルのポストカードをプレゼントしました。

②小宮201710秋*はなウィーク_PB040819

 

参加者からは「毎回楽しみにしています」との声も♪400人以上の方にご参加いただき、多くの方に公園の秋を楽しんでもらいました。

また「ガイドウォーク」では開催直前まで雨天となりましたが、「広報を見て楽しみにしていました」という方などが参加してくださいました。園内を散策しながら、パークレンジャーがオヤマボクチやアザミ類など秋に咲く雑木林の代表的な植物を紹介し、秋を満喫。

③小宮20171007秋*はなウィークGW_DDSC_6717

 

ひよどり沢の湿地にはえるツリフネソウ。

ドレスのように広がる花弁が美しい。

④P9180254

 

きゃしゃで、色も淡いアザミですが、繊細で美しいトネアザミ。

⑤P9220210

 

林縁にはえるシラヤマギク。

1mほど伸びた茎先に、数輪の花を控えめにつけ、楚々とした美しさがある。

⑥P9180328

 

ガイドの途中で、コカマキリと遭遇!参加者の方といっしょに生き物とのふれあいも楽しみました。

⑦小宮20171007秋*はなウィークGW_DSC_6751

 

参加者からは「とても有意義で楽しめた」「とても分かりやすかった」などの声が多く寄せられ大変好評をいただきました。次回は、1月中旬ごろに「冬*はなウィーク」を開催します!ぜひ、みなさまもご参加ください♪

カテゴリー:イベントの報告|小宮公園

2017年10月31日 滝山公園
秋の花もぼちぼち後半です。

1

秋の花もぼちぼち後半です。

今、公園のあちこちで見られるのはヤクシソウ。

つぼみは上向き、花は終わると下向きになります。

 

2

ガマズミの実も赤くなりました。

甘酸っぱい実はヒヨドリの好物です。

 

3

ふわふわの毛に包まれた紫の実はヤブムラサキ。

 

4

毛がないのはムラサキシキブです。

小さな実ですが優しい甘みがあり、これも野鳥たちがよく食べます。

 

5

アザミも綿毛をつけました。

よく見ると鳥の羽のような繊細な綿毛です。

 

二の丸の西にあるカマツカは、滝山公園でも最も美しく紅葉する木です。

少しずつ色づき始めています。11月半ばには素晴らしい色に染まるでしょう。

 

6

 

信濃屋敷の南、大池跡の上のあたりはススキが斜面を埋めています。

風にサラサラとゆれる様子は、山城の侍たちが見た光景と、変わらないのかもしれません。

7

 

 

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園