多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 小宮公園・滝山公園だより

2020年3月31日 滝山公園
お花見を控えているみなさまへ

滝山公園の桜の写真をお送りいたします。

「中の丸」のソメイヨシノは満開になりましたが、公園はとても静かです。

4月4日に予定されていた「滝山城跡桜まつり」は中止になりました。

来年はたくさんの人が桜を楽しめますように

もう少しがんばりましょう!

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園|未分類

2020年3月31日 小宮公園
外出を控えられているみなさまへ

昨年の「みんなで選ぼう 小宮公園十景」で一番になった、ひよどり山の3本コブシの写真をお送りします。いつもより少しだけ早い、3月中旬が見ごろでした。

さわやかな風が届きますように

もう少しがんばりましょう!

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園|未分類

2020年2月29日 滝山公園
滝山公園の冬鳥たち

だいぶ暖かくなってきたでしょうか?

冬鳥たちを見られるのも、あとわずかの間です。

アオジは笹藪などの近くにいて、人が来るとさっと藪に逃げ込みます。

アオというよりは深い緑ですね。

アオゲラなども、やはりこんな色。

私たちが普段青と言っているような色は、野鳥の名前ではルリとされることが多いようです。

 

アオジと同じくらいの大きさのカワラヒワも近くにいました。

色はよく似ていますが、カワラヒワには鮮やかな黄色が入ります。

オスの方が色が濃いです。

 

こちらはメスでしょうか?

尾の先が魚の尾びれのようで独特ですね。

いろいろな声を出す鳥で、たまにビョ~~~ンと鳴いたりして驚かされます。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2020年2月29日 小宮公園
「モズの嫁入り」

モズという野鳥をご存じですか?

雀をぐっと丸く膨らませたような小さな鳥ですが、見てください。口ばしの先が鋭くかぎ状になっていますね。トカゲやバッタ、時にはシジュウカラなどの野鳥も捕まえて食べてしまう、「小さな猛禽」と呼ばれる鳥です。直径数百mになる縄張りを持ち、同じモズでも入ってくれば激しく鳴いて追い払います。

 

さて2月も半ばを過ぎた小宮公園。モズがいつもとは違うような大きな声で鳴いていました。この2,3日、そんな感じなのです。

 

高い木の上で鳴いていたオスの後ろに、さっと別の鳥が飛んできました!

モズのメスです!

喧嘩にならないのでしょうか?

 

メスはオスより少し低いところに立ち、首を伸ばしています。

オスは知らんぷりしているように見えます。

 

メスがずいぶんお行儀よく、オスの後ろに立ちました。

 

その時!

オスがくるりと向き直り、メスにチュッ!

いや口移しで餌をあげたのです。

 

メスが餌を飲み込みました。

これが「モズの嫁入り」

婚約成立です!

オスのテリトリーにメスが入り、オスが与えた餌を食べる。

カワセミなども似たことをやりますね。

さあいよいよ野鳥たちの恋の季節です。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2019年12月27日 滝山公園
12月半ばに盛りとなった、公園の黄葉をお見せします

12月半ばに盛りとなった、公園の黄葉をお見せします。

 

中の丸広場のイロハモミジです。

本丸、信濃屋敷址と合わせて、モミジのきれいなポイントです。

 

三の丸西側のアオハダ、コアジサイ(低木)の黄葉です。

アオハダのレモン色は二の丸付近でもきれいに見られました。

 

今、森の木々はすっかり落葉し、爽やかな青空に雲が流れるのが見えます。

みなさまよいお年を。

2020年も滝山公園をよろしくお願いいたします。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2019年12月27日 小宮公園
いよいよ今年もあとわずかとなりました。

いよいよ今年もあとわずかとなりました。

12月も半ばを過ぎて盛りとなった公園の紅葉をお見せします。

 

公園十景の人気投票で一位になった、「ひよどり山の3本コブシ」、

その一番東の一本です。3本ある西のものから黄葉が始まり、この日

最後の一番大きな木が最高潮に色づきました。

 

同じ日、三段広場のイロハモミジです。

園路が赤いトンネルのようになるほど、見事に色づきました。

 

クリスマスも過ぎれば、雑木林もすっかり落葉します。

落ち葉の音も軽やかに、散歩の人が歩いていきます。

バードウォッチングは最盛期。

冬の花ロウバイ、ツバキが咲き始めます。

 

冬の小宮公園にもどうぞいらしてください。

みなさまよいお年を。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2019年11月2日 滝山公園
秋の日だまりにアザミの花が咲き、アカタテハがやってきました。

秋の日だまりにアザミの花が咲き、アカタテハがやってきました。

あたりまえの日本の風景です。

でもしみじみいいですね。

秋に羽化したばかりの初々しいアカタテハ。

なんて美しいんでしょう!

 

同じアザミにキタテハもやってきました。

こちらは少し小ぶりで、翅もギザギザしています。

秋のタテハの代表選手がそろって見られるなんてラッキー!

 

ススキの上にはきれいなバッタがいました。

少し白を混ぜたような淡い緑に、背中に紫の線が入っています。

数が減っているのが心配されるショウリョウバッタモドキです。

いるところにはいるのですね!

 

こちらはキアゲハの幼虫です。セリ科の植物を食べます。

ノダケに卵を産んでもらったのはいいですが、もう葉っぱがほとんどなくて、探しているうちにてっぺんまで来てしまって、でももう実しか残っていません!

さあどうする!

がんばれキアゲハ!

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2019年11月1日 小宮公園
気持ちいい秋の風がふいて、木漏れ日の中、リンドウが咲いています

気持ちいい秋の風がふいて、木漏れ日の中、リンドウが咲いています。

 

ススキの近くに大きなバッタがいました。

成虫で冬越しするツチイナゴです。

 

あれ?これはツチイナゴの幼虫。まだ成虫にならないで、冬に間に合うのでしょうか?

成虫も幼虫も、目の下に青いラインがあるのが特徴です。

 

ツチイナゴ幼虫の顔のアップを撮ってみました。

触覚を下げて、寝ていたのでしょうか?

 

花壇の花にキタテハが来ていました。

秋色のきれいな蝶ですね。

 

昨年度、萌芽更新したところに、エゾビタキが来ていました。

渡りの途中の一休みに、小宮公園に寄ったのでしょう。

この時期は、普段は見られない鳥が見られるチャンスです。

「いつものあの鳥だろう」と思わないで、じっくり観察してみましょう。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2019年10月11日 滝山公園
すっかり秋らしくなりました。

すっかり秋らしくなりました。

ノハラアザミが尾根を渡る風に揺れています。

 

シラヤマギクもあちこちに咲いています。

これも同じシラヤマギクです。

本当はとても背の高い花なのです。

背が高すぎて、倒れて咲くことが多い。

森の中で背を伸ばし、園路に倒れ込んで咲くような花です。

 

ミヤマアカネがたくさん飛んでいます。

ゆっくり近づいて下から指を差し出すと、一度飛び上がって、また戻り、指に止まってくれることがあります。

ゆっくり動くと虫たちは警戒しないのです。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2019年10月11日 小宮公園
秋の花の中でも美しく、おもしろい花

秋の花の中でも美しく、おもしろい花といえば、このノダケ!

上から下へと段々に咲いていく、濃い紫色の花です。

 

つぼみの構造が素晴らしいですね!

花が咲いてからも雄しべが目立つ時期、雌しべが目立つ時期と、花の様子が変わっていきます。たくさん咲いていますから、どんな変化が起こるのか、よく観察してみてください。

 

ミズタマソウは小さな花ですが、これもおもしろいですよ。

花が終わると、水玉のように実が下がります。

 

ひよどり沢の湿地では、たくさんのツリフネソウが咲いています。

この花を大好きなのがホシホウジャクという蛾です。

ホウジャクは「蜂雀」と書きます。ハチドリのように飛んで蜜を吸うのです。

よく見ると花の形とホシホウジャクの形はぴったり合いますね!

長い口を伸ばして、花の奥の渦巻きのところにある蜜を吸います。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

1 / 1012345...10...最後 »