多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 小宮公園・滝山公園だより

2018年10月31日 滝山公園
ハイキングにはとても気持ちいい季節

滝山公園の尾根道で、ススキがサラサラ揺れています。

ハイキングにはとても気持ちいい季節です。

 

信濃屋式跡に入ると、赤い実をたくさん下げた木があります。

イイギリです。

もう少しするとヒヨドリたちがやってきて、大騒ぎして食べていきます。

 

本丸南の広場ではユウガギクがきれいです。

今咲いているのは、夏の一度刈られて、そのあと伸びてきたものです。

初々しいような柔らかな葉をしています。

 

11月も後半になれば、信濃屋式のイロハモミジが色づきます。

ここのは濃い黄色になりますから、森が黄金色のようになります。

これは去年の写真です。

 

 

ジョウビタキもやってきて、秋もそろそろ本番です。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2018年10月31日 小宮公園
秋の小宮公園はキク科の花がいっぱいです。

公園の「しろはらの小道」のあたりに、大きな花が咲いています。

オヤマボクチ。キク科でアザミに近い仲間です。葉の裏が白いのは、細かい毛がたくさん生えているからです。これから火口(ほくち)を作ったのが名前の由来とされています。

 

こちらはタイアザミ。小宮公園のアザミで一番多いのはこれかもしれません。花が横向きに、少し垂れて咲くのが特徴です。

 

すっとまっすぐ立って咲くのはノハラアザミ。こちらもたくさんあります。

 

数が少ないアズマヤマアザミ。花柄が短く。花がくっついて咲くように見えます。

 

野菊の中でも気品の高い大きな花のリュウノウギク。

 

コウヤボウキもキク科ですね。林内あちこちに咲いています。

 

秋の小宮公園はキク科の花がいっぱいです。

陽だまりを探してあるけばキク科の花に会えるでしょう。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

1 / 11