多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 小宮公園・滝山公園だより

2017年6月28日 小宮公園
小宮公園の生きもの情報

小宮1

公園のあちこちで、今年うまれたシジュウカラの巣立ち雛が見られます。

口を開けると中が黄色く、胸のネクタイも親鳥よりも色が薄いので分かります。

黄色い口を開けて親に餌をねだります。

飛べるようになり、巣を出てからも、しばらくは親から餌をもらうのです。

 

小宮2

明るい森の中にコウゾの実が成っています。

ねっとりと甘い実ですが、野鳥たちはあまり食べません。

この時期は虫の幼虫がたくさんいて、そちらの方が雛を育てるにはいいようです。

 

小宮3

オカトラノオが咲き始めです。

白い花が下から順に咲いていきます。

虎の尾のように横向きになるのが普通ですが、「しじゅうからの小道」に咲くものは、このように上向きになるものが多いようです。

 

小宮4

水辺にチダケサシが咲き始めました。

細く硬い茎に、チダケというきのこを刺して歩いたから、この名がついたようです。

実際チダケ(正式な和名はチチタケ)は夏のきのこで、同じ時期に見られます。

 

小宮5

ヤマユリ、ウバユリと並ぶ夏の花、オオバギボウシはまだこれから。

この棘のような突起の一つ一つに、蕾が一つずつついています。

カテゴリー:小宮公園|見ごろ情報、生きもの情報

1 / 11