多摩部の都立公園、小宮公園・陵南公園・滝山公園・大戸緑地のオフィシャル情報を発信しています。

多摩部の都立公園 小宮公園・滝山公園だより

2018年8月10日 滝山公園
滝山公園の一部園路封鎖のお知らせ

いつも滝山公園をご利用いただきありがとうございます。

 

オオスズメバチの巣を発見した為、ただいま下記の園路を封鎖しております。

 

スズメバチが活発に活動しているため、通行は大変危険です。

ご理解、ご協力お願い致します。

カテゴリー:滝山公園

2018年7月31日 滝山公園
小さいけど素敵な花

オカトラノオやヤマユリなどの派手な花が終わりました。

真夏の強い日差しの中、ちょっとした木陰の中に、小さな花が咲いています。

 

サラサラとススキの葉が揺れる下で、アキノタムラソウが咲いています。秋が名前についていますが、夏前から晩秋のころまで、かなり長く咲く花です。薄紫の花が涼し気です。

 

滝山公園はオトギリソウの多いところです。信濃屋敷址の南側や、本丸などにたくさんあります。この草を原料にした秘薬の秘密を人に漏らした弟を、兄が切ったという伝説が、花の由来と言われています。

 

中の丸の北には展望ベンチがあります。多摩川と秋川の合流点が見下ろせ、8km先の狭山丘陵が、意外に近くに見えます。滝山公園のある加住丘陵とは、同じ多摩川に削り残された、北と南の兄弟です。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2018年7月31日 小宮公園
ウバユリが満開です!

小宮公園の中央には湧き水があり、ここからの流れに沿って約400mの「かわせみの小道」がありあす。湿地の中を通るこの道の両側に、いまたくさんのウバユリが咲いています。

淡い薄緑色の大きな花を横向きに付ける美しいウバユリは、小宮公園でも最も人気のある花の一つです。

 

園内には3000株近くのウバユリがありますが、そのほとんど「かわせみの小道」沿いから見ることができます。

 

ウバユリは背が高いですから、蔓植物には頼りがいのある存在です。異なる二つの植物が作る繊細な造形に、うっとりしてしまうこともあります。

 

すてきなスカーフをまとっているようにも見えるのです。

 

流れの源流部、ヒヨドリ沢の奥にはヤブミョウガの大群落が待っています。

 

ウバユリもヤブミョウガも暗く、湿気のあるところが好きです。

ここでは仲良くいっしょに咲いています。

 

ウバユリの蕾は最初上を向き、横向きになって咲き、実はまた上を向きます。

これはヒヨドリ沢の奥の群落です。

ウバユリは8月頭くらいまで花を見られると思います。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2018年7月27日 小宮公園
7月29日のキッズレンジャースクールへ申込みされた皆さまへ

キッズレンジャースクールにお申込みいただき誠にありがとうございます。

誠に残念ですが、7月29日(日)のキッズレンジャースクールは。台風の直撃による影響を考え、中止とさせていただきます。

 

このイベントは2回連続講座でしたが、8月26日に予定されている回で、二回の講座で予定していた内容に合わせて実施いたしますので、ぜひご参加ください。

 

宜しくお願い致します。

カテゴリー:イベントの報告|小宮公園

2018年7月19日 小宮公園
7月22日「夏*はなウィーク パークレンジャーのガイドウォーク」中止のお知ら

いつも小宮公園をご利用いただきありがとうございます。

全国的に記録的猛暑が続き、各地で重大な事故も発生おります。

安全に配慮し、7月22日に開催予定のイベント「夏*はなウィーク パークレンジャーのガイドウォーク」は、「中止」と判断しました。ご理解とご協力をお願いいたします。

 

カテゴリー:イベントの報告|小宮公園

2018年7月19日 小宮公園
7月21日「ちょいボラ」中止のお知らせ

いつも小宮公園をご利用いただきありがとうございます。

全国的に記録的猛暑が続き、各地で重大な事故も発生おります。

安全に配慮し、7月21日に開催予定のイベント「ちょいボラ」は、
「中止」と判断しました。ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

カテゴリー:花壇|小宮公園

2018年6月21日 滝山公園
ボランティア体験イベント「ちょいボラ」を開催しました!

梅雨晴れとなった6月17日、滝山公園でボランティアの体験イベントとして「ちょいボラ~雑木林のお手入れ~」を開催しました!野草保全区でこれから咲く花々が元気に育つように、アズマネザサなどの下草刈りを行いました。

 

前半は、パークレンジャーが公園の見どころを紹介。戦国時代につくられた山城の遺構や、今見られる生きもなど、滝山公園の魅力をお伝えしました。こちらは三の丸前の空堀を解説しているところ。

写真① DSC_5146

 

「んん!?何かいるぞ!」

写真② DSC_5169

 

夏に見られる昆虫「エゴツルクビオトシブミ」を発見!

写真③ DSC_5174

 

後半は、公園ボランティア「どんぐり会野草グループ」により、野草保全区で大切にしている植物の解説

を行いました。みなさん、とても熱心にお話を聞いてくださいました。

写真④ DSC_5209

 

道具の使い方や、作業の注意点などをパークレンジャーが解説。

写真⑤ DSC_5213

 

そして、作業開始!

写真⑥ DSC_5228

 

和気あいあいと楽しく作業が進みます。

写真⑦ DSC_5242

 

作業前は下草に埋もれていた野草たちも。。。

写真⑧ DSC_5220

 

みなさんに刈っていただいてスッキリ!!

元気に育って、美しい花を咲かせてね!

写真⑨ DSC_5269

 

みなさんと集合写真。とってもいい笑顔!!

緑の中での作業は、とても気持ち良かったですね♪

写真⑩ DSC_5254

次回は11月に予定しています。ぜひ、皆様もご参加ください☆

カテゴリー:滝山公園

2018年5月26日 滝山公園
初夏になって、木々の間を、こんな虫がいっぱい飛んでいます。

1

初夏になって、木々の間を、こんな虫がいっぱい飛んでいます。

白い蝶でしょうか?

この数年、東京のあちこちで大発生している虫です。

 

2

正体はこれキアシドクガ。

ドクガと名前がついていても、毒はありませんから触っても大丈夫です。

脚に黄色いレッグウォーマーを付けているようです。

なかなか美しい蛾です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは蛹です。

雨をしのげる屋根の下や、木柵の下などにぶら下がっています。

幼虫はミズキの葉を食べます。大発生は5年ほどで収まりますが、枯れてしまうミズキもあるようです。これも自然の大きな営みの中のことなのでしょう。ミズキがなくなるようなことはありません。

 

4

公園の北西端にある「山の神」から秋川と多摩川の合流付近を見たところです。

初夏の風が心地よく吹いています。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|滝山公園

2018年5月26日 小宮公園
春の花が実を結び、夏の虫たちが出始めました

森の影が、いよいよ色濃くなってきました。

春の花が実を結び、夏の虫たちが出始めました

 

1

春一番に咲き始めたウグイスカグラが、赤い実を下げています。

よく見ると中の種が透けています。

二つ並んでぶらさがります。

 

2

モミジイチゴもいっぱいあります。

こちらも実をぶらさげます。

同じ木苺の仲間でも、ニガイチゴやクサイチゴは上向きに実を付けます。

 

3

太い筆に薄墨をつけ、スイスイと線を引いたような模様。

ミズイロオナガシジミは、雑木林の初夏の蝶です。

葉っぱの上で光を浴び、後翅をこするようにして、上下に動かしています。

 

3ヒカゲチョウは夏の蝶です。夏にはカブトムシやクワガタと並び、樹液を吸っていたりしますが、カブトムシたちよりもだいぶ早く登場します。

地味な色合いにようですが、蛇の目模様の周りがほんのりピンク、触覚の先が黄色!

実はおしゃれな蝶なのです。

 

5

もうひとつだけ、この時期のおもしろいもの!

なんでしょう、この茶色いアスパラガスみたいなもの??

オニノヤガラという寄生植物です。

切り株などから出るナラタケというきのこに栄養をもらっているランの仲間です。

この時期、公園のあちこちに出てきます。

これにそっくりで緑色のものをアオテンマといいます。

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

2018年4月30日 小宮公園
小宮公園が最も美しく輝く、新緑の季節を迎えました

1

小宮公園が最も美しく輝く、新緑の季節を迎えました。

 

2

たくさんの花が咲いていますが、小さく目立たないけど、とても

かわいいのがこのツリバナ。森の木陰に咲いています。

 

3

花びらの後ろのガクが、羽根突きの羽のようなので名前が付いた

ツクバネウツギ。小さな木にいっぱい花を付けています。

 

 

開催中のイベント「花めぐりワードラリー」でもターゲットにな

っていますから、ある場所のマップはサービスセンターでもらえ

ます。

 

5

やはり「花めぐりワードラリー」で探せるキンラン。

手入れがされた雑木林が好きな花です。

 

ゴールデンウィークは新緑が輝く小宮公園で、「花めぐり」はいかが

でしょうか?

カテゴリー:見ごろ情報、生きもの情報|小宮公園

1 / 1012345...10...最後 »